2016GW旅行記録3日目、遭難

※ちょっとパニック気味なんでまとまりのない文章になってます。
無事家に帰れたら編集しなおします。

ことの経緯。
鳥取砂丘から山間道路を利用して神戸へと走る。
途中、台風かと思うような強風に遭遇。
そして、避難した田んぼ小道内で横転。
暴風状態の中、自力でセーフティゾーンまで移動するのは無理と判断し119番。

写真の様子は、
田んぼの物置き小屋?を盾に身を守ってるところ。
この時点で我がカブは7、80メートル離れた田んぼの中で横転したまま。
エンジンは動くのか?
ここで何処だ?
死ぬかも?
大袈裟ではなく、ちょっとした死すら感じさせられる暴風だったのでやむ終えず119番でヘルプを呼びました。

その後、やってきたレスキューと警察官に助けられ、なんとか道路沿いにある停留所までカブを運んでこれました。
ひとまずのセーフティゾーンです。
一人だとここまで来ることは絶対無理だったと思います。
おまわりさん、ありがとう。
ちなみに警察官によると、ここらは峠前の道で特に風がキツイからしばらくここで待機しておきなさい..ということでその場は収まりました。

こうして風が弱まるのを待ってるわけですが、弱まるどころか停留所そのものが破壊されないか不安な状況です。
多分、1時間くらい過ごしてました。
しかし待てども待てども強風は一向に収まりません。
その間、何台かのライダー達が走ってる様子を見たんで、やや弱まった?かくらいのタイミングを察知して意を決し走ってみることにしました。

そういうわけで、今は某道の駅で待機してるところです。
とりあえず身の安全は確保出来ました。
でも、本日中に神戸に帰れるかどうかはかなり微妙な状況です。
暴風は依然そのまま。
雨も降ってます。
先着のライダーの方は峠超えは無理と判断し、諦めて調べてたライダーハウスへと強風の中走っていきました。
大丈夫なんかな?
ちょっと心配です。

以上、まとまりのない文章でしたが、iphoneの電池残量が少ないんで思いついたことをただ羅列した感じので書いてます。
書き直しは家でやるとします。

ちなみにエンジンの方はなんとか無事でした。
コレだけは本当に幸福だった。

強風による被害 2016 5/5追記

は、以下のとおり。

・ヘルメットシールドが割れて飛んでいってしまった
・折りたたみ椅子が飛んでいってしまった
・バイク手袋がなくなった
・サイドバッグが傷ついた
・バックルコンテナが傷ついた

最大の被害がヘルメットのシールドが割れた..というだけ。
不幸中の幸いとはまさにこのことです。

事故の処理について

田んぼ内に入って転倒したということで警察からは自損事故として処理されました。
自賠責保険証が見当たらなかったので焦りました(結局、サイドバッグに入ってた)が、家に帰ってコピーしてFAXしてくれれば良い..という話で収まりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    そんな強風怖いですねー気をつけてお帰りください

    • jeans より:

      ありがとうございます。
      今も凄い暴風なんで、今夜は道の駅で泊まります。
      幸い午前零時を過ぎる頃には雨も風も収まるという情報です。
      気の赴くまま適当に帰る予定でしたが、場所によってはそれも考えものですね。
      良い経験をした、と割り切ることにします。