グリーンハウスのMP3プレーヤーGH-KANADB8の感想

久々にMP3プレーヤーを購入してみました。
買ったのはGREEN HOUSE(グリーンハウス)というメーカーのGH-KANADB8というやつ。
Yahooプレミアム会員を解約しようとしたら、購入金額分のTポイントをくれる(上限4000ポイント)というので何が欲しいというわけでもなかったですが適当に選んでみたものです。

P4210138
MP3プレーヤーGH-KANADB8

製品内容は以下のとおり。

  • 充電いらず!乾電池対応のデジタルオーディオプレーヤー
  • 単4形アルカリ乾電池1本で約20時間の音楽再生
  • 8GBメモリー内蔵で約2000曲保存可能
  • USB端子搭載でパソコンに直接挿せる

引用元:
http://www.green-house.co.jp/products/av/digitalaudio/memory/gh-kanadb8/

外見の素材はゴムっぽい樹脂です。
高級品には見えませんがわりとしっかりしたつくりに思えます。

P4210135
再生及び動作の要となるジョグレバー。
右、左、押すの3つの働きがあります。

P4210137
音量の上げ下げはアナログボタンで。
これは普通に良いね。

P4210134
電源は内臓バッテリータイプではなく単4電池方式。なお、充電池には対応しておらず..とのこと。
データの送受信はそのままUSB端子に差し込んで行います。

P4210147
付属されていたイヤホン。
形状的にゼンハイザーのMX400にそっくり。
まさかOEMか?!

P4210139
機能は左から、

・音楽再生モード
・録音(ボイスレーコーディング)モード
・録音再生モード
・FMラジオモード
・システム設定モード

けっこう色々な機能が備わっています。
ボイレコ機能なんかはオマケのようですが、FMラジオモードはわりと本格的で今年始まったワイドFMの受信にも対応してますし、録音することも可能です。
ラジオライフが捗りそう。

動作速度について

さて、ここからは使用してみた感想です。

音楽プレーヤーとしての動作速度は使用しているiPhoneと比べると残念ながら重たいようです。
iPhoneが新幹線とするならば、kanaDBは普通列車もしくは準急くらいの感じ。
具体的にいえば曲の読み込みは遅いですし、目当てのアルバムを選択するのにもやはり時間がかかります。
基本的にボタンを何度もポチポチ押すアナログタイプのMP3プレーヤーなのでタッチパネルに慣れきっている人ほどその遅さ(重さ)は気になるかもしれません。

音質について

再生される音質はけっこう良い方だと思います。
ホワイトノイズがほとんど発生しないし、安っぽい感じの音ではなかった。
EQ設定できるので自分好みにカスタマイズすることも可能です。

付属のイヤホンについてはゼンハイザーのMX400と似ていますが、MX400が手元にないので聞き比べすることは無理なのが残念。
でもまあ、わりと良い感じに鳴ってくれてます。

やっておいた設定

は、以下のとおり。

・オート電源オフ設定→30秒
・液晶ライトオフ設定→10秒
・ワイドFM局の登録
・アルバムフォルダを三つに小分けしておいた

canadb
通常、音楽ファイルはそのままコピーしたらそのまま再生できるようになってます。
しかし僕の場合、アルバムはフォルダ単位で管理しているのでここでちょっとした不便があることが分かりました。
それは、フォルダ単位でデータをコピーしてもランダム再生(シャッフル)が出来ない、ということです。
え、出来ないの?って感じでしたが、指定フォルダ内のみしか無理みたいです。
そこで対策として別個「albumフォルダ」とシャッフル専用「shuffleフォルダ」を作ってそこに各々まとめて入れておくことにしました。

例:
アルバム名AAA(邦楽)→albumフォルダ
アルバム名BBB(洋楽)→albumフォルダ
アルバム名AAAに入ってるMP3ファイル→邦楽Shuffleフォルダ
アルバム名BBBに入ってるMP3ファイル→洋楽Shuffleフォルダ

フォルダを分けることで、アルバムAAAを一から聞きたい場合はalbumフォルダを選択して再生。アルバムを選ばずシャッフルで流し聞きしたい場合はshuffleフォルダを選択して再生…ということが可能になります。
実質、使える容量が8GBではなく半分の4GBになりますが、フォルダを跨いだシャッフル再生が出来ないという欠点は一応解決しました。

以上、ちょっとしたレビューはここまで。
色々と書きましたが、2千円そこそこで買ったMP3プレーヤーとしては全然普通に使えるのでよい買い物だったと思います。
単4乾電池一本で再生できるという利便性はやはり便利。
どこでも手に入りますからね。

おわり



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする