ARCのイヤーマフ、A812の感想を述べてみてる

Amazonで注文していたイヤーマフ(騒音などから耳を保護することを目的とヘッドホン状の装具)が届いたので少しレビューしてみたいと思います。

イヤーマフ A812
イヤーマフ A812

購入したのはコレ。
ARCという会社の製品、値段は1218円。

イヤーマフも高いのだと5000~8000円くらいするようなのがあるので、それからすれば1218円という値段はかなり格安といえます。
amazonレビューではわりと高評価だったので「お試し」という形で買ってみたけどはてさてどんなもんでしょうか?

ARC イヤーマフ A107

ARC A812 イヤーマフ

現物を見た第一印象は、とにかく「赤黒いね!」の一言。
熟しトマトのように赤黒いです。
しかし..美味しそうではない。

ARC イヤーマフ A812

防音機能の要は内側のスポンジ。
びっしり詰まってる感じ。

ARC A812 イヤーマフ

上下に伸縮可能な金具。
本製品で唯一、サイズ調節できる箇所です。

ARC A812 イヤーマフ

ヘッド部分は金属。
たしかに頑丈ではあるけど折り曲げるとポキリと折れてしまいそうな予感が..。
加工するのはほぼ無理っぽいです。

付けてみた感想

防音効果についてはわりとマトモで耳栓と同じかそれに近い性能はある感じです。
ただし、長く付けてると側頭部が痛くなってきたので長時間の装着はストレスが溜まりそうです。
(慣れで解決するだろうか?)

マイナス印象は次の2点。

・想像していた以上の赤黒いボディ
・刺激臭(重油のようなゴム臭気)

記念すべきイヤーマフ初体験になるわけですが、「物」として所有欲を満たすことは残念ながらあまりなかった。
って安物なんで所有欲もへったくれもありませんが。

あと、これはamazonレビューにも書かれていたことだけど、これ単品だけだと音のシャットアウトは不完全なので耳栓を一緒に装着するとかなり無音状態に近づけれるとのこと。
家の環境がやかましいので、イヤーマフだけで物足りなかったら、そういう使い方もしていこうと思います。

追記

イヤーマフ+耳栓?そうまでして音を掻き消したいのか!

と、他人からすれば疑問に思われるでしょうが、残念ながら僕の家はさる事情で常に煩わしい騒音がつきまとってる現状です。
なので、防音対策は生活(というか精神状態)を安定に保つためにどうしても必要不可欠なことだったりします。
完全なる防音を手に入れようと思うなら部屋ごと大改造して防音ルームに仕立てるしか方法がありません。
そんな金のかかる方法が許されるのは一部のお金持ちだけ。
貧乏人は原始的な対策で乗り切るしか手段はないですね。

人生はサバイバルだ…!

おわり

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする